MONTH

2011年7月

釘保管箱に持ち手を追加

先日、余った材で作った釘箱(木ネジ入れ)ですが、木ネジを大量に入れると、予想以上に重くなりました。 プラスチック製では重さに耐えられないでしょうが、この木箱なら丈夫なので壊れることはなさそうです。ただ、あのままでは、持ち運ぶ際に両手を使う必要があり、使い勝手が悪いので、取っ手を付けることにしました。 保管箱としての機能も考え、フタを付けて、そのフタに「取っ手」を付けることにしました。 取っ手は2バ […]

ボックスティッシュ

3週間ぶりに成分献血してきました。成分献血は通算5回目です。 1回目(5月17日)は「採取・分離・戻し」が4セットで50分かかりましたが、2回目からは3セット(その分1セットで採る量が増加)になり40分で終えるようになりました。初回は負担がかからないように、そして様子を見るために4セットとしたのでしょうね。 今日もポイントで景品をもらいました。今回はボックスティッシュを選んでみました。ネピア製「ホ […]

釘保管箱を製作

余った端材(1バイ4とOSB合板)を使って、釘保管用の箱を作ってみました。 実際にはコーススレッド(木ネジ)を入れてあります。 コーススレッドの長さは、奥から、90mm、75mm(のつもりでしたが今は在庫切れ)、50mm、45mm(全ネジ)です。

フックとシートを追加

フックを買ってきて付けようと思いましたが、余った材料を活用することにしました。 1バイ4の端材(はざい)に、ドリルで斜めに直径10mmの穴を明けます。 余っていた10mm丸棒を10cm程度に切り、ハンマーで叩き込んでやります。 木工ボンドは使いませんでしたが、かなり頑丈なフックになりました。 水道蛇口のフタ部分の防水が気になったので、フタを隠すために、一昨年「風除室」製作で使った玄関シート(グラス […]

鰺ヶ沢までドライブ

まずは、津軽ダムの建設状況を見ることができる展望台に寄り道しました。 まだ、目屋ダムが見えています。 ワイヤーで資材を運ぶ索道の機械もデカイですね。 次は不識塔(ふしきのとう)、別名「つかさのとう」を見学。 斎藤 主(さいとうつかさ)と言う方が、大正元年(1912年)に、総レンガ作りで山の上に建てた塔です。 実際に500m程山道を登って、どんな塔か見に行きましたが、現在は鉄骨の建物で覆われ、中に入 […]

水道小屋を一部手直し

母より「トタンのフチが切ったままなのは危ない」と、もっともな“ダメ出し”がありました。 ドアの周りと、ドア自体の角波トタン(クリーム色)のフチに、平トタン(青色)を折り曲げて縁取りを取り付けました。 傘釘がうるさい感じがしますが、これで危険は無くなったでしょう。 ドアの蝶番の位置をずらし、ドアの取り付けもやり直しました。 でも、やっぱり、微妙にずれました。・・・orz 向かって右のドアは角波トタン […]

棚と床シート

水道小屋に棚を取り付けました。 三段にしようと思いましたが、とりあえず二段で完成としました。 入口の高さは170cmぐらいですが、内部は屋根の空間があるので、もう少し余裕があります。 上の棚は少し高いところに取り付けました。 水道を使うと、どうしても床に水が落ちてしまいます。 床材(OSB合板)の劣化が心配です。 対策として、床に耐水性のあるシートを両面テープで貼りました。 今回は、明るい色のシー […]

水道小屋が完成

外壁とドアのトタンを張り終え、ようやく水道小屋が完成しました。 横幅が6尺(1m80cm)、高さが9尺弱(2m60cm)、奥行きが4尺(1m20cm)あります。 外壁用のトタンは角波トタンの9尺ものをネット注文して送ってもらいました。 クルマに載らない長尺物はネット注文が便利です。 角波トタン用のハサミも同時に購入しました。 トタン釘は傘釘を使用しました。 コーナー部分は屋根用トタンの余りを使って […]

トタン屋根が完成

屋根は豪雪地帯につきトタンを張りました。 まずは、3尺×6尺の平トタン(青色)を、加工してフチの部分に水切りを取り付けます。 トタンを2バイ4で組んだ作業台に載せ、作業台の端に固定したL型の鉄アングルにあててゴム鎚でトントン、トントンと折り曲げるのですが、なかなかしんどい作業です。 腕がやたら疲れるけど、ダイエット効果は薄いかも・・・。 同じ形のものを6枚、作成して先日(6/29)、フチの部分は完 […]