20141226a月刊誌「日経Linux2015年1月号(p.94〜95辺り)」に、日本郵政のはがき作成ソフト「はがきデザインキット2015」をUbuntu上で使う方法が載っていたので試してみました。

以下は覚え書き。

「はがきデザインキット2015」は、Adode AIR実行環境で動くAIRアプリ。

ただし、最新版のAdode AIR実行環境は、Linux版のみ更新が止まっており・・・WindowsやMac OS Xに比べれば、デスクトップOSとしてのシェアが小さいのが原因か? 悲しいやら悔しいやら・・・、旧バージョンのAdode AIR実行環境では、今回のような最新のAIRアプリは動作しないようです。
そこで、Windows版のAdobe AIRをWindows互換環境のWineで動かします。

(1)Wine1.7をインストール

    最新版のAdode AIR実行環境を動かすには、Wineも最新バージョンが必要なので、端末から以下のコマンドでインストールします。

    $ sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-wine/ppa
    $ sudo apt-get update
    $ sudo apt-get install wine1.7
    



(2)Adobe AIRをインストール

    20141226bWebブラウザで以下のURLを開く。
    http://get.adobe.com/jp/air/
    「Adobe AIRを別のコンピュータにインストールするには」リンクをクリック。
    次の画面(右画像)で、OSに「Windows」を、バージョンに「Adobe AIR 15.0 for Win32」を選択。

    ファイルをダウンロードしたら、「AdobeAIRInstaller.exe」を選択し、右クリック「別のアプリで開く」−「Wine Windowsプログラムローダー」を指定。

    インストーラが実行されるので、画面の案内に従ってインストールします。

(3)はがきデザインキットをインストール

    20141226cWebブラウザで以下のURLを開く。
    http://yubin-nenga.jp/design_kit/another.html
    ページ下部、手順2の『「はがきデザインキット」をダウンロード』リンクをクリック。

    ファイルをダウンロードしたら、「design_kit.zip」をアーカイブソフトで開き、中身の「design_kit.air」をダブルクリックしてインストールします。

    インストール後はデスクトップに登録されたアイコンか、Dashホームで「hagaki」を検索して起動できます。

・・・なぜか、CSVファイルを取り込む機能は日本語部分が文字化け。

・・・仕方がないので、データは再度、手入力。

・・・「テキスト」タブの「◎パソコン内のフォント」で毛筆体フォントを指定しても反映されず。

・・・デフォルトのフォントを使用。

・・・無料ソフトに多くを求めてもダメでしょう。あんまりこだわっても疲れるだけだし・・・。