20140315a1オリジナルのPNGファイルです。
ファイルサイズは115.0KB。


Inkscapeでラスタ画像のイラストを自動トレースしてSVGファイルに変換してみました。
20140524inkscape1元画像を選択した状態で「パス」メニュー「ビットマップをトレース」をクリック。

下部の「多重スキャン:パスのグループを作成」で「色」を選択し、「スキャン回数」を多めに設定し、「平滑化」チェックを外し、「スキャンを積み重ねる」をチェックして実行したところ、オリジナルに近いSVGファイルが生成されました。

スキャン回数を多くすると色が濃くなる傾向あり。



20140524Inkscape2自動でトレースしたSVGファイルです。
ファイルサイズは436.5kBになりました。

細かいところが平滑化されてしまい、目元や口元のイメージが変わってしまうのが気になりました。

元画像を自動トレースに向いた状態に修正してやれば、もう少しキレイなベクター画像になるのかも知れませんが・・・。

イラストによっては、PNG、JPG、GIFを、Inkscapeで自動トレースし、SVGに変換して使用するのも良いかも知れません。


n_c比較の為に、Inkscapeで、手動トレースしたSVGファイルです。ファイルサイズは182.2kBです。

手作業では制作に時間がかかり、マウスを持つ手が疲れますが、キレイでファイルサイズも小さくできるのが利点。

元画像より精細なイメージになったような・・・。



n_c_pinkInkscapeで色を変更するのも手軽に行えます。

自動トレース機能で、このレベルまでベクトルデータ化してくれれば言うことはありませんが、まだまだ機械まかせでは難しいようです。