■FTPサーバー(vsftpd)をインストール

# yum -y install vsftpd

設定ファイル「vsftpd.conf」を編集。・・・パッシブモードを使えるように、ファイルの最後に次の内容を追加。

# vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf
pasv_enable=YES
pasv_min_port=60000
pasv_max_port=60030

FTPサーバーを起動

# service vsftpd start

FTPサーバー自動起動を設定

# chkconfig vsftpd on
# chkconfig –list vsftpd

■ドキュメントルートのパーミッションを変更。

現在のままでは、FTP接続ユーザ(satoh163)が、HPのルートディレクトリに書き込む権利が無いので、チェンジ・モード・コマンドで、ディレクトリに書き込み権を付加(755→775)。

# chmod 775 /var/www/html/

ドキュメントルートのパーミッションを確認。

# ls -la /var/www/

今回はパーミッションを変えたが、チェンジ・オーナー・コマンド(chown)で所有者とグループを変えるか、もしくは、所有者をapacheグループに追加するのも良いかも・・・うーん、よくわからん・・・。


■SELinuxを停止。・・・vsftpdデーモンの動きを阻止してしまうのでSELinuxを無効にします。

# vi /etc/sysconfig/selinux
SELINUX=disabled

OSを再起動する必要があります。

# reboot



■FTPクライアント(FileZilla)をインストールし、ファイル転送

Ubuntu Desktop で使用していたFTPクライアント「FileZilla」には、Windows版もあるようなので、今回は以下のサイトから、これをダウンロードして試用してみた。

FileZilla プロジェクト日本語トップページ – SourceForge.JP

FileZilla_3.7.1.1_win32-setup.exe を実行。

20130727a起動後に、バージョン情報を表示してみた。



20130727bメニュー「ファイル」、「サイト マネージャ」をクリック。

あるいはツールバーの一番左の「Open the Site Manager.」アイコンをクリック。

「新しいサイト」ボタンを押し、名称(CentOS6.4)を入力。

「一般」タグで、ホストのIPアドレス、ユーザ名、パスワードを入力。


20130727c「詳細」タグに切り替え、「規定のローカル ディレクトリ」、「規定のリモート ディレクトリ」を入力。

「接続」ボタンを押す。



20130727d転送元の左ペイン中断のファイルリストで、転送すべきフォルダとファイルを全選択し、右ペインへドラック&ドロップでファイル転送が始まります。

転送後、サーバ側のファイル上で右クリックし「ファイルのマーミッション」を変更できます。



■ブラウザで確認

20130727eHTML5+CSS3のテキストコンテンツは問題なく表示するものの、アクセスカウンタ(CGIプログラム)とカレンダー簡易予定表(PHPプログラム)はNG。

perlとphpの導入が必要。



■perlをインストール

# yum -y install perl

Webサーバの設定ファイル「httpd.conf」を編集。・・・ScriptAlias /cgi-bin/ ・・・を以下のように変更。
(CGIプログラムを/cgi-bin ディレクトリ以下に配置する場合)
(また、/cg-bin 以下に画像ファイルやHTMLが置けるように記述を追加)

# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
ScriptAlias /cgi-bin/ "/var/www/html/cgi-bin/"

<Directory "/var/www/html/cgi-bin/">
	AllowOverride None
	Options +ExecCGI -MultiViews +SymLinksIfOwnerMatch
	Order allow,deny
	Allow from all
	AddHandler image/gif .gif
	AddHandler image/jpeg .jpeg .jpg
	AddHandler image/png .png
	AddHandler text/html .html .htm
</Directory>



■phpをインストール

# yum -y install php

PHPの日本語文字処理ライブラリも必要なのでインストールします。

# yum -y install php-mbstring

「php.ini」ファイルを開き、タイムゾーンを設定

# vi /etc/php.ini
;date.timezone =
date.timezone = Asia/Tokyo

Webサーバーを再起動する必要があります。

# service httpd restart



■再度、ブラウザで確認。

20130727fやっとこさ、Angel21トップページのアクセスカウンタ(CGI)、カレンダー簡易予定表(PHP)が動作するところまで復旧です。^o^

画像のカレンダーの日付は実際の作業日。

ブログにアップする日付は遅らせていますので、悪しからず・・・。

 

PS:

今回はFTPクライアントとして、Win版 FileZilla を試しましたが、NextFTP でも、FFFTP でも、また、Ubuntu Desktop 上の FileZilla でも、同様に接続&転送できることを確認済です。^o^

Leave a Comment