20150616a_new一ヶ月半ぶりの成分献血をしてきました。

機械(センターとの通信関係?)の調子が悪く、検査採血で30分程待たされる。

合理化のために入れた機械のおかげで、余計な時間を取られるとは・・・。

本日は、血小板の量が多かったようで、「少し時間が長くかかりますが、多めに成分を頂いてもよろしいですか。・・・待たせた上に、申し訳ありません。」との事。

もちろん、快諾した。

どうやら、多めに成分を採取する場合は、最新型の遠心分離タイプを使用するようだ。

3サイクル、4サイクルという区別が無いタイプだ。

久しぶりである。確か、これが2回目かな。

採血の間、洗濯機が回っているような音がするのが、少し耳障りだが、身体への負担は小さいらしい。

実時間は55分ぐらいかかっただろうか。

正午となり、お腹が空いてきたので、アイスの他に、チョコ・煎餅・ビスケット等の菓子類と、アイス・カフェオレを頂いてしまった。

・・・この後のウォーキングの為に腹ごしらえです。

今回から、献血ポイントの付け方が変わったらしいが、あまり興味なく、説明が耳に入らなかった。

処遇品は、ボックステッシュに統一したとの事。・・・選択の楽しみが無くなったなあ。

・・・そんな訳で、前回と同じ様な内容の写真となりました。