DSC_0050DTP制作用(Adobe製ソフト動作用)に、Intel Core i7 + Windows8.1 のPCを自作したので、構成パーツ等の覚え書き。

沢田内科医院ニュースレターの制作は、
(1)沢田先生が執筆した原稿と撮影した画像をメールで受信。
(2)私が原稿と写真をレイアウトし、必要に応じカットを追加し、ニュースレターの体裁に整えPDFで提出。
(3)印刷業者(親和印刷さん)がPDFを印刷機に合わせ修正後に印刷。
と言うような手順で行われています。

印刷業者では、PDFファイルを「Adobe Acrobat」で読み込み、欠落した文字の再入力(なぜか、文字化けする場合があるもよう)、カラー変換(RGB→CMYK)、写真をPhotoShopで変換(RGB画像→CMYK画像)されていたようです。ニュースレター第86号で、当方のPDF生成(オプション指定)に問題があり、初めて作業内容を知りました。

ちなみに、これまで当方で使用してきたソフト(LibreOffice Writer /Ubuntu)は、カラーはRGB表記。オプションでCMYK表記があるものの内部ではRGB値で持ち、PDF生成時もRGB値で出力されるようです。CMYKでカラーを指定し値をプリンタに出力するには、Adobeソフトが必要。

文字化けに関してもWriterで制作するようになってから現象が発生しているらしい。

RGB(赤緑青)は画面表示用で「光の三原色」、CMYK(シアン、マゼンダ、イエロー、黒)は印刷用で「色の三原色+キー」を意味するらしい。そう言えば、プリンタのインクはそんな種類だった。

親和印刷さんには、何かと手間をとらせてしまっていたようなので、今回、印刷業界では標準であるAdobe製品での制作にチャレンジしてみようと思います。

だた、Adobe製品は、Mac版とWindows版しかなく、Linux版はありません。印刷業界は古くからMacintoshが多く使われてきたようです。最近ではWindows版も問題なく使えるようになったらしい。

自宅で現在メインのPCは、UbuntuとWindows7のデュアルブート構成にはしていますが、ほとんどUbuntuしか使わなくなっており、Windows側にAdobeソフトを入れ、ブートしなおしながら作業する気にはなれません。

DSC_0057また、以前からもっと高性能なPCがほしいと思っていたこともあり、今回、Adobeソフト(イラストレーターやフォトショップ)が快適に動作するPCを用意することにしました。

ショップブランド等の格安高性能PC購入も考えましたが、やっぱり「PCは自作するもの」という想いに駆られ・・・。


今回は、主要パーツは全てネットで購入しました。

DSC_0069使用するパーツは、カカクコムで売れ筋商品を調べ、楽天市場で購入しました。(言うなれば、カカクコム仕様のPCか!?)

同時にパーツの価格も、カカクコムで最安値ショップを調べましたが、楽天市場のショップが最安値となる事は無なかったです。

それでも、楽天ポイントが購入代金の1~10%付加されるし、楽天カード使用によるポイント加算も後日あったので、トータルでみると大きな差ではなくなります。

また、購入時期に、楽天ゴールデンイーグルスの開幕戦応援キャンペーン(だったかな?)が開かれていたので参加してみました。最大9店舗の買い物でポイント9倍に。また、9店舗以上(一店舗1000円以上購入が対象)で買い物した方、抽選で50名に購入代金(最大10万ポイント=10万円分まで)をキャッシュバックしてくれます。・・・期待はしてませんが、当たったらかなり嬉しいでしょうね。

    20150720a2015年7月20日追記

    10万ポイントは無理でしたが、1万ポイント(=1万円分)が追加されてました。

    使用期限が8月15日までですが。



自作PCのパーツ構成は以下の通りです。



■CPU:Intel Core i7 4790 BOX
   購入価格38,662円 pt.1,158円(価格.com最安値37,980円)
   ソフマップ 楽天市場店

■CPUクーラー: 虎徹 SCKTT-1100
   購入価格 3,329円 pt.165円(価格.com最安値 3,329円)
   ソフマップ デジタルコレクション

■MB: ASUS H97-PRO (ATX,LGA1150)
   購入価格11,102円 pt.333円(価格.com最安値10,470円)
   ソフマップ 楽天市場店

■RAM: CFD W3U1600HQ-8G DDR3-1600 8GB×2
   購入価格18,770円 pt.935円(価格.com最安値17,511円)
   ソフマップ デジタルコレクション

■VGA: NVIDIA Quadro K620
   購入価格22,723円 pt.227円(価格.com最安値21,867円)
   caravanYU 楽天市場店

■(1)SSD:120GB…OS、AP用
■(2)SSD:120GB…OSスワップ、APキャッシュ用
   2.5インチ、容量120GB、Serial ATA 6Gb/s
   購入価格 6,980円×2=13,960円 pt.138円(価格.com最安値6,770×2=13,540円)
   NTT-X Store 楽天市場店

■(3)HDD:3TB…データ・メイン
■(4)HDD:3TB…データ・バックアップ
   3.5インチ、容量3TB、キャッシュ64MB、5400回転、Serial ATA 6Gb/s、バルク品
   購入価格10,660円×2=21,320円 pt.1,065円(価格.com最安値10,969円×2=21,938円)
   ロジテックダイレクト 楽天市場店

■BDD:BDR-209JBK
   購入価格12,650円 pt.378円(価格.com最安値12,374円)
   Joshin web

■PSU:KRPW-PT500W/92+REV2
   購入価格8,980円 pt.178円(価格.com最安値8,229円)
   パソコン工房 楽天市場店

■PCケース:Fractal Design FD-CA-DEF-R5-BK
   購入価格14,998円 pt.298円(価格.com最安値13,934円)
   パソコン工房 楽天市場店

PC本体のパーツ購入価格累計は、166,494円 pt.4,875円(価格.com最安値小計161,172円)

■キーボード&マウス
 ●キーボード:ロジクール K270
   購入価格1,410円(価格.com最安値1,122円)
 ●マウス:ELECOM M-XG3LBK
   購入価格2,894円(価格.com最安値2,627円)
 ●マウスパッド:MP-095BK・・・後で買うことになりそうなので、送料無料にするためにも
   購入価格660円(価格.com最安値640円)
 ●USBホスト変換アダプタ:ADUSB18・・・別件で使用(5千円以上で送料無料だったので)
   購入価格613円(価格.com最安値582円)
   ソフマップ 楽天市場店

キーボード&マウス等の購入価格小計は、5,577円 pt.557円(価格.com最安値小計4,971円)

■OS Windows8.1 DSP
   購入価格12,980円 pt.1,290円(価格.com最安値10,850円)
   楽天ブックス・・・後日、VISAギフトカード2千円分ゲット

PC本体、キーボード&マウス、OSの合計は、185,051円 pt.6,722円(価格.com最安値176,993円)



さらに、周辺機器も新規購入しました。

■液晶モニタ
 ■EIZO FlexScan EV2450-BK
   購入価格36,471円 pt.364円(価格.com最安値35,027円)
   ECカレント 楽天市場店

 ■DisplayPortケーブル PP200-BK
   購入価格4,082円 pt.40円(価格.com最安値4,080円)
   caravanYU 楽天市場店

■A3カラーインクジェットプリンタ
 ■Canon PIXUS iX6830
   購入価格21,300円 pt.213円(価格.com最安値20,285円)
   ぎおん 楽天市場店

■イーサネットHUB
 ■8ポートHUB NETGEAR GS108-400JPS
   購入価格4,620円 pt.37円(価格.com最安値4,080円)
   ムラウチ 楽天市場店

周辺機器(モニタ、ケーブル、プリンタ、HUB)の合計は、66,473円 pt.654円(価格.com最安値63,472円)

ここまでの総計は、251,524円 pt.7,376円(価格.com最安値240,465円)となりました。



また、組立中に発覚した不足パーツ(小物)は、弘前のPCショップで購入。合計3000円程か。

■SATAケーブル ×1本
 マザーボードに4本付属していたものの、1本足りず。

■イーサネットケーブル ×1本
 探せば、どこかにあったのかも知れないが、新品を使う方が吉と思い購入。

■テーブルタップ(8口)
 PC、モニタ、プリンタ、スピーカーに使用。

■A4用紙、A3用紙
 パーツと言うより消耗品だが、プリンタにテスト印字用の用紙すら付属していなかったので。



買い忘れに付き、以下は、旧品を流用しました。

●USBケーブル・・・プリンタ接続に使用。
 無線LAN接続が前提なのだろう。プリンタ付属品に接続ケーブルは無し。(有線LAN接続も可能。)
 今回はとりあえずUSBケーブルで接続。

●スピーカー・・・とりあえず音を出す為に旧品を使用。10年以上前のものだが無問題。



DSC_0076組み立ては、ケース内部に余裕があるものだった為、比較的に楽に済みました。

特にトラブルもなく Intel Core i7 4790(4コア/8スレッド)とSSDを使用したWindows8.1のデスクトップPCを組むことできました。起動はとても速くストレス無し。これならWindows Updateの更新適用もイライラせずに済みそう。

HUBを交換し、これまで無線LANルータ内蔵HUB(カスケード状態)に接続していた自宅サーバやノートPCも、新HUBのポートに引っ越し。それ以降、これら以外のPCでも、ネットサーフィン時のモッサリ感が減りました。

液晶モニタも、天下のEIZO製だけあって、文字も見やすく、画像も動画もきれいである。眼にも優しい。

この性能なら、今後5年間は、快適に過ごせるのではないかな。